ニュース

【訪問看護 平野】職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(第1報)

2021年4月13日(火)10:00

4月12日(月)、訪問看護ステーション平野(以下、当事業所)に所属する職員1名(以下、当職員)が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。この度は、関係の皆様にご心配とご迷惑をおかけしますことお詫び申し上げます。

当職員は4月6日(火)に同居家族1名の感染が確認されており、PCR検査を受けた結果、4月12日(月)「陽性」と判定されました。当職員の最終出勤日は4月2日(金)です。同居家族に4月3日(土)に症状が現れたことから、勤務予定となっていた4月5日(月)より、法人規定に従い「自宅待機」といたしました。管轄の保健所より、当職員の感染にともなう濃厚接触者に該当する対象者はいないとの見解を得ております。従って、当職員以外の訪問は「通常通り」とさせていただいております。

今後も患者様、職員などの体調管理を含む感染予防に努め、安心してご利用いただける環境づくりに万全を期して参ります。引き続き、ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

訪問看護ステーション平野

関連記事

2021年5月18日
【訪問看護 平野】職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(第2報・最終報)
2018年10月10日
地域包括ケアをテーマとした座談会、 京都大原記念病院グループ 大原在宅診療所 桑田克也 医師が出席
2021年2月01日
やまびこ喫茶