ニュース

京都府立医大病院 オープンホスピタル2016に、タキイ種苗と共同でブース出展して来ました!

9月22日(木・祝)、京都府立医科大学附属病院で開催された[オープンホスピタル]イベントで、京都大原記念病院グループは日頃から農業指導頂いているタキイ種苗さんと共同でブース出展して来ました。

_MG_8085  種子アート体験コーナーにはお子さんが来てくれました

出展テーマは「食を通じて大原の魅力を伝える」こと。当日は、オリジナルシフォンケーキの販売や、管理栄養士お手製の赤紫蘇ジュースとジャムの試食、そして地元農家から仕入れた野菜を販売して来ました。

 

オリジナルシフォンケーキはイベント終了を待たず15時前には完売。大原産野菜もイベント終了時にはほぼ完売と大盛況でした。紫蘇ジュース・紫蘇ジャム・人参ジャム試食コーナーでは来場された方より「着色しなくてもこんなにキレイな色が出るの?」「紫蘇の香りがしっかり出ていておいしい!」と好評でした!

 

タキイ種苗さんはケルセチン(※1)を通常より多く含む 玉ねぎ【ケルたま】の試食と、廃棄される種子を使ってブローチなどをつくる【種子アート体験】を実施されました。

 

※1 ケルセチンとは?:ポリフェノールの一種で、抗酸化作用、血小板凝集の抑制効果(いわゆる血液サラサラ効果)、動脈硬化予防などの効果があるといわれる成分です。

ケルタマ・ケルタマの雫  IMG_8156

【ケルたま】の試食コーナーでは、ケルたまそのものにケルたまで作ったドレッシングをかけてご提供。玉ねぎづくしのサラダもまた「とても甘くておいしい!」「玉ねぎ嫌いの娘がこれなら大丈夫と言ってくれた!」と驚きの声が上がりました。【種子アート】は子どもを中心に体験いただき、みな思い思いのデザインでブローチ等を作成され、こちらもとても好評でした。

 

終わってみればブースに来店いただいた方は約200名!ご来店者には、大原の魅力、そしてなぜ京都大原記念病院グループがこのような取り組みをしているのか?を「農地を活用したリハビリ訓練」や「地産地消」などの取り組みを交えて紹介。「両親や私自身の今後の生活について大変参考となった。」等のお声をいただきました。

 

このイベントは来年も開催予定ことです。当グループもさらに魅力あふれるブースを目指し、大原の魅力、そして京都大原記念病院グループの取り組みを一人でも多くの方に知って頂けるよう取り組みます!

関連記事

2017年6月29日
第二回料理教室開催しました 高血圧予防・改善
2017年8月02日
京都府立医大で症例報告会 農作業リハビリで無気力状態を改善
2017年10月10日
水源の里・久多(2) 豪雪の冬は脱出する人も ADL向上が意欲生む

グループについてのご質問は
こちらにお問い合わせください。

お問い合わせ