ニュース

【地産地消の取り組み】夏野菜で夏バテや熱中症を予防

8月に入り、大原では夏野菜が旬を迎えており、日焼けした農家さんが毎日忙しく収穫作業をされています。

 

夏野菜はトマトやピーマン、なすびや万願寺とうがらしなど色鮮やかなものが多いのが特徴です。

色鮮やかな理由は、夏の強い紫外線を浴びる環境で育つ野菜が、そのダメージから身を守ろうと色素類を作り出すためです。色素成分には強い抗酸化作用があり、老化や生活習慣病の予防に効果的と言われています。

また、夏に不足しがちなビタミンやミネラル、水分が豊富に含まれ、熱くなった体を冷ましてくれる働きがあり、夏バテや熱中症の予防に適しています。

 

夏野菜は冷やして生のままで食べると美味しいですが、冷え症の方は『加熱』または『常温』にして食べると体を冷やし過ぎることを妨げます。『旬』は最も味のよい出盛り期を言いますが、人間がその季節に必要とする栄養素をたっぷり含んでいる時期であり、市場に出回るため値段が安くなりやすい消費者に嬉しい時期でもあります。

地産地消の取り組み

『夏野菜』に含まれる成分とその効能

 

トマト

カリウム、ビタミンCを多く含みます。カリウムには体内の水分を調節する働きがあり、汗をかいて不足しがちな水分を保ってくれます。また、ビタミンCはお肌や骨に大切なコラーゲンの合成に必要な成分で、抗酸化作用があり、美容にも期待されます。さらに、トマトの赤い色は主に「リコピン」という色素で、抗がん性があると注目されています。

 

なすび

なすびの皮の紫色は『ナスニン』が主体です。ナスニンは抗酸化物質であるポリフェノールの一つで、血液をきれいにしてくれる働きがあるため、高血圧や動脈硬化の予防につながります。皮を剥かずに食べるのがお勧めです。

 

【今月の一品】 トマトのスムージー

●材料

トマト(小)…1/2個 オレンジ…1個 水…50ml

●作り方

1. オレンジは皮をむき、白い皮は出来る限り取り除く。トマトはヘタを取り、一口大くらいにカットする。

2. 材料を全てミキサーにかける。(約1分間)

3. グラスに注いで出来上がり。

●栄養価

エネルギー41kcal

 

出展: 1)新 食品・栄養科学シリーズ 食べ物と健康2 食品学各論(第2版)

関連記事

2014年6月17日
リハビリ訓練スペースを拡張いたします 【御所南リハビリテーションクリニック】
2017年10月11日
【送迎バス】時代祭の影響によるシャトルバス遅延について
2016年9月07日
「消火マスター」を目指して!

グループについてのご質問は
こちらにお問い合わせください。

お問い合わせ