ニュース

グループホームやすらぎで消防訓練

6月9日(木)午後2時30分から『グループホームやすらぎ』において消防訓練を実施しました。
消防職員の指導をお願いし、初期消火、通報、避難誘導の訓練を実施しました。
 
自動火災報知設備のベルの音で訓練開始です。深夜の火災発生を想定し、夜勤者2名を中心に訓練を実施していただきました。
訓練ということで、本来なら作動するスプリンクラーが作動しない想定や、消火器による初期消火も効果が無いなどの想定外の想定を与えられて、訓練に参加した方には大変過酷な、困難な活動をしていただきました。
 
利用者の方にも参加をお願いし、避難していただいたのですが、訓練開始直前に降り出した雨の影響で屋外避難ができずに、出入り口付近で集合となり、点呼と負傷の有無を確認して終了しました。
今回の訓練では、博寿苑からも応援の職員が駆けつけるなど、参加者は真剣に取り組んで頂きました。
 
その後の反省会と訓練用消火器の放射訓練では、消防署の指導担当者から有意義な指導を受けることが出来ました。

0613_1 0613_2

関連記事


グループについてのご質問は
こちらにお問い合わせください。

お問い合わせ