ニュース

初夏の大原”あじさい”ウォーク

京都大原記念病院グループでは、グループ内事業所をご利用の皆様にもっと”大原”を知って・感じて・楽しんでいただくために、さまざまな企画をご用意しています。
 
この4月よりスタートした”華(はん)なりウォーク”は、毎月一回、季節の花を満喫しながら健康的にウォーキングを楽しむイベントです。第三回目の今回は”あじさい”ウォークです。
 
6月28日(水)、京都大原記念病院グループ内の3デイサービスセンター(こうやま・平野・朱雀老人)のご利用者らが参加し、京都大原記念病院周辺や大原児玉山荘のあじさいを満喫しました。

2

今回も3デイサービスセンターご利用者の他にも、京都大原記念病院のご入院患者や介護老人保健施設 博寿苑・おおはら雅の郷のご入居者やご家族など50名以上の方にお立ち寄りいただきました。
 
参加者のお一人は、京都大原記念病院の元ご入院患者。「この道、数か月前は車椅子を息子に押してもらっていたのよ。」と歩行器で歩きながら、しみじみと嬉しそうにお話くださいました。

3

”あじさい”を楽しんでいただいた後は、特設会場で弊グループオリジナル幸福焼「生姜」をお召し上がりながら休憩。会場の机の上には”あじさい”と一緒に記念撮影をされる方・いつもご利用されている別のデイサービスとご利用者とお話される方・限定先行販売をしたこだま本舗オリジナルグッズを購入される方など、おもいおもいの過ごし方で楽しまれました。
 
参加された方からは、「”あじさい”が美しかったわ。来月のお花はなにかしら。」「自家菜園の野菜”じゃがいも”のお土産が嬉しい。」「幸福焼”生姜”は、食べやすくて美味しかったわ」などのお声をいただきました。

5

関連記事


グループについてのご質問は
こちらにお問い合わせください。

お問い合わせ