ニュース

第2回 いきいき健康セミナー&特別お食事会in京都センチュリーホテル

さくらが満開となった4月8日、京都センチュリーホテル(京都市下京区)で昨年12月に続く第2回 いきいき健康セミナー&特別お食事会を開催しました。

 

いつまでも健康であるために―。
当日は「食と運動」をテーマにしたセミナーをお聞きいただいた後、ホテルに協力をお願いし大原の食材を取り入れたお食事を召し上がっていただきました。
各テーブルには医師、看護師、作業療法士、管理栄養士、ケアマネジャーなど、京都大原記念病院グループのスタッフや、参加者同士など、日頃から健康のために取り組んでいることなどの話題で和やかに進行しました。

 

セミナーで講師を務めたのは、三橋尚志医師(京都大原記念病院 副院長)。
超高齢化が進むなか、いかに健康寿命が延伸できるかが大切であるということ。そしてそのキーワードとなってきた「ロコモティブシンドローム(通称:ロコモ)」「サルコペニア」「フレイル」などの内容を交えてご紹介しました。

 

しっかり食べられるよう、口の中をケアしましょう。
筋肉を保つため、肉、魚、卵などの動物性の食品も食べましょう。
有酸素運動と筋トレを無理のない範囲で行いましょう。
ボランティア・サークルなど社会活動にも参加しましょう。

 

こうしたメッセージを込めたセミナーに、参加者からは「お話がとても分かりやすく実践したいと思う」や「今後もセミナーに参加したい」と喜びのお声をたくさんいただきました。

今後も、いろいろな健康増進の取り組みを進めていきます。

IMG_0405

関連記事


グループについてのご質問は
こちらにお問い合わせください。

お問い合わせ