京都大原リクルートブログ

2020/11/30

相談員がケアマネを生かす〜自分自身を成長させて行きたい

介護職

介護士長尾ヘッダ

仕事内容と相談員の役割
利用者様・家族様の思いを現場の専門職につなげる

ご入所を希望されている利用者様・家族様と面談を行い、ケアマネジャーや病院の医療ソーシャルワーカー(以下、MSW)など各関係機関と連絡・調整をします。

面談時には利用者様の身体状況、医療情報、家族様の思いやニーズを情報収集し、現場の医師、看護師、介護職、栄養士、リハビリスタッフ等と情報共有を行い、どのような支援が必要なのか各専門職と一緒になって考えています。

相談員として利用者様・家族様の思いを聞き取り、現場の各専門職に繋げることが必要だと感じています。

仕事におけるこころがけ
利用者様・家族様にしっかりと向き合うこと、職員との報連相を大切に

面談場面では利用者様、家族様の思い、ご意向をしっかり伺うことを心がけています。またどの職種にとっても必要なことですが、チームとして支援を行うため【報・連・相】が重要であると考えています。特に相談員が間に入り報告や相談を行うことが多いため、丁寧でかつ速やかに支援が繋がるよう心がけています。

利用者様、家族様はもちろん、ケアマネジャーや病院のMSWなどの各関係機関と関わることが多く、施設の顔として関わっているということも意識しています。

入職して感じる京都大原記念病院グループの魅力
京都大原記念病院グループには活躍できるフィールドがたくさんあります。

京都大原記念病院グループは、病院から介護保険事業まで多岐にわたってグループで事業展開をしており、相談員の役割や業務は、事業所によって異なります。

私自身、相談員という専門職として成長するためには様々な経験ができ、様々な視点を学ぶことが重要ではないかと思い、このグループを希望しました。

相談員研修も年に数回あり、自分自身の成長につながります。

今後の抱負
幅広い支援ができるよう、介護保険や諸制度、その他広く知識を深めていきたい

利用者様・家族様の思いを汲み取り、そのニーズに対してどのような支援ができるのか。相談員として様々な支援を提案するためには、介護保険サービスはもちろん、諸制度の知識が必要です。わからないことは自分で調べ、先輩方に相談しながら、幅広い支援の提案ができるよう、自分自身を成長させていきたいです。

また相談員は多職種との関わりがとても多いです。異なる分野の専門職とチームで関わるため、一定の視点ではなく広い視点で物事を捉えることを目標に日々業務を行いたいと思っています。

長尾 千里2

関連記事