社会貢献活動Social Action Program

活動例

  • 山荘保全

    京都大原記念病院グループでは、地域貢献、自然保護の観点から、大原にある京都大原児玉山荘(以下、 山荘)の保全活動を行ってきました。戦後、相撲の行事装束や能舞台衣装を手がけた染織図案家が創作拠点して使用。芸術、文化、感性を磨く場、創作活動の拠点となった場所です。山荘には入母屋茅葺造の母屋、高床式瓦茅葺数寄屋書院を中心に工房だけでなく、芸妓衆のための控えの間や高野慎の湯殿など凝った趣向が随所に残されています。
    池泉回遊式庭園、玉響の庭には比叡山、比良山を借景に高野川の源流から清らかな川が流れこみ四季折々 の大自然を華やかに彩ります。
    玉響の庭に点在する、去来門、露地門、水車、東屋待合所から石橋をわたると茶室に繋がります。竹橋 から石楠花の道を登れば東屋、阿吽(あうん)が凛とたたずみ、美しい大原の文化と雅趣に富んだ歴史 の香りが、私たちを包み込んでくれます。
    山荘母屋の欄間には黒漆と紅ガラに彩られた宇宙の文様があり私たちはこれをオリジナル文様としてデザインに取り入れています。
    太陽、月、そして、私たちの住むこの美しい星、地球に思いを巡らせ・・・
    今ここに生きる私たちが森羅万象、四季折々の美しさの中私たちらしさ、その人らしさをどのように築いていくのか 人生にも様々な季節があります。そのひとつひとつが織りなされて日々繰り返すことなく築かれる人々の暮らしに・・・
    京都大原記念病院グループはいつも心に寄り添える存在でありたいと願っています

    宇宙欄間文様

  • カラーバリアフリー

    印刷技術の発達やインターネットの普及により、身近なところで白黒だけでなく色の違いによって重要な情報を判断しなければならない機会が急激に増え、カラーバリアフリーが重要視されるようになりました。
    先天性の色覚障害は日本人男性の20人に1人(5%)、女性の50人に1人(0.2%)に及び、現 在日本で色盲の人は約300万人以上が該当します。決して稀な存在ではありません。またこの色覚障害などの遺伝子特性の違いに加え、緑内障、白内障、加齢などのために、色の組み合わせが区別しづらく、不便を感じる方が非常に多くおられます。
    京都大原記念病院グループは、館内の内装や、備品、各種デザインにおいて、出来るだけ多くの方に、色の違いを区別いただきやすくなるようカラーバリアフリーを配慮したオリジナルの色彩帳を作成、活用してさまざまな取り組みを始めています。

    京都近衛リハビリテーション病院の廊下壁の色と手すりの色のコントラストを高めることにより、手すりが見やすくなるよう配慮されています。

    色彩帳

  • オリジナル文様

    京都大原児玉山荘(以下、山荘)の様々なモチーフはオリジナルの文様として各種デザインに大切に取り入れています。グループの職員一人ひとりが患者様、ご利用者の人生にとって明るい光がさす窓のような存在になれるよう願いを込めてグループの紙袋封筒などノベルティには山荘の窓のモチーフをデザインしています。

  • 空間プロデュース

    京都大原児玉山荘(以下、山荘)の様々なモチーフはオリジナルの文様として各種デザインに大切に取り入れています。グループの職員一人ひとりが患者様、ご利用者の人生にとって明るい光がさす窓のような存在になれるよう願いを込めてグループの紙袋封筒などノベルティには山荘の窓のモチーフをデザインしています。

    京都近衛リハビリテーション病院

    空間プロデューステーマ

    大原水景交響詩(シンフォニー)

    大原の美しい自然と雅な京文化響き渡る空間に京都大原記念病院グループのまごころをこめて

    清らかで美しい京都大原の水景のような豊かな心でうつりゆく季節をめでるように患者様の人生に訪れた様々な季節に寄り添いたい

    安らぎと温もりのあふれる空間で生きる力をサポートしたいと考えグループ施設内の各所には木目調と和モダンの色彩を基調とし京都大原野水景や山荘のエレメントをモチーフとして取り入れています。 四季折々に変化する大原の大自然に囲まれたような癒しの空間で豊かな気持ちでお過ごしいただけるよう「おもてなし」の心でみなさまをお迎えいたします

グループについてのご質問は
こちらにお問い合わせください。

お問い合わせ