沿革history

時代の流れヒトの流れと
向き合い続ける

京都大原記念病院グループの歴史は、
1981年、大原に初の医療機関として
「大原記念病院(当時)」が
開設されたことから始まりました。
以来、グループは「時代がどのように変化し、
人は安心のために何を求めるのか」ということに
向き合い続けています。
創業者である 児玉博行 代表の思いとともに、
グループの歩みの転換点を振り返ります。

  • 第一章 リハビリテーション

    開設当時の京都は明らかな医療の過剰提供状態にあり、社会的入院(※)が問題視されていました。患者様が安心して尊厳ある人生を送るため、自院が担うべき役割はなにか。そうした視点で着目したのが、脳卒中などの後遺症を抱える患者様に集中的な訓練を実施し、社会復帰をサポートする「リハビリテーション(以下、リハビリ)」です。社会的認知度は極めて低く、国家資格を有する理学療法士も稀有な時代でした。1984年に初めて一人の理学療法士を採用して以降、布石を打ちつづけ1992年には京都で民間初となる「リハビリ総合施設基準承認」、2000年には制度化と同時に京都府下初の「回復期リハビリ病棟導入」と歩みを進めました。

    ※社会的入院:入院治療が終わっても、家族・地域の福祉施設などの受け入れ先がないため入院を続けている状態。

    1981(昭和56)年
    大原記念病院開設(74床)
    1984(昭和59)年
    「理学療法士」初採用
    1985(昭和60)年
    運動療法(Ⅰ)施設基準承認
    1988(昭和63)年
    医療法人社団「行陵会」設立
    1989(平成元)年
    作業療法(Ⅰ)施設基準承認 鞍馬口診療所開設
  • 第二章 医療・介護・福祉“三位一体”

    医療の現場で、多くの死に立ち会うなか「すでに意識のない高齢者を救命のために集中治療室で治療する。一般病棟で手術を受けたから最後までそのまま過ごす。これらは本当に良いことなのか」との想いがありました。グループは、医療だけでなく介護、福祉を一体的に提供する最後まで安心して過ごせる仕組みを志し「介護老人保健施設 博寿苑(1991年)」「特別養護老人ホーム大原ホーム(1997年)」を、病院と同一敷地内に開設しました。独立した施設が廊下伝いで結ばれ医療・介護・福祉“三位一体”で安心を提供する全国的にも稀有な施設群が誕生しました。この地で培ったノウハウを礎に、在宅サービ スに視野を拡げ市内一円に事業展開しました。

    1991(平成3)年
    介護老人保健施設「博寿苑」開設
    1992(平成4)年
    リハビリテーション総合施設基準承認
    訪問看護ステーション「おおはら」博寿苑デイケア
    1995(平成7)年
    社会福祉法人「行風会」設立
    訪問看護ステーション「岩倉」「きよみず」「ときわ」開設
    1996(平成8)年
    「北陵診療所・デイケアセンター
    高齢者住宅 「ぬくもりの家」開設
    1997(平成9)年
    特別養護老人ホーム「大原ホーム」開設
    「大原ホーム老人デイサービスセンター」開設
    1998(平成10)年
    「京都総合ケアステーション」 開設
    「中立売診療所・デイケアセンター」開設
    「こうやま診療所・デイケアセンター」開設
    「ヘルパーステーション下鴨」開設
    1999(平成11)年
    グループホーム 「やすらぎの家」開設
    「朱雀老人デイサービスセンター」開設
    寝たきり対応高齢者向け賃貸住宅「大原うぐいすの家」
    2000(平成12)年
    回復期リハビリテーション病棟導入2病棟98床
    「塩小路デイサービスセンター」開設
    「こうやまデイサービスセンター」開設
    2001(平成13)年
    回復期リハビリテーション病棟増床(167床)
    介護老人保健施設「おおはら雅の郷」開設
    グループホーム「あすなろ」開設
    「大原在宅診療所」 開設
  • 第三章 安心して最期まで暮らせる住まい

    病院や施設を出た高齢者が安心して過ごせる「高齢者住宅」の試行も重ねていました。大原三千院の参道の民家で開設した「ぬくもりの家(1996 年)」、現在のグループホームやすらぎの家の2階で医療必要度の高い高齢者を対象に開設した「大原うぐいすの里(1999年)」です。小規模の高齢者住宅に訪問診 療や訪問看護・介護・リハビリテーション、配食などを提供し安心して過ごせる環境づくりに向けてノウハウを蓄積しました。いずれも「ケアハウスやまびこ(2002年)」「ライフピア八瀬大原Ⅰ番館(2006年)」へ継承されています。現場で目にする「退院後の安心」というニーズに応えるための、制度によらず前例のない展開でした。

    2002(平成14)年
    ヘルパーステーション「すざく」「おおはら」開設
    「ケアハウスやまびこ」開設
    2004(平成16)年
    日本リハビリテーション医学会 研修施設認定
    2005(平成17)年
    「平野デイサービスセンター」開設
    2006(平成18)年
    有料老人ホーム「ライフピア八瀬大原Ⅰ番館」
    2007(平成19)年
    「大原記念病院訪問リハビリテーション事業所」開設
    2008(平成20)年
    京都リハビリテーション研究所脳血管疾患部門設立
    回復期リハビリテーション料Ⅰを算定
    グループ名、病院名を京都大原記念病院グループ、
    京都大原記念病院へ
    2009(平成21)年
    「上高野デイサービスセンター
    (デイサービス・訪問看護・居宅)」開設
    2012(平成24)年
    全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会
    第19回研究大会in京都
  • 第四章 京都から全国への発信

    2006年「リハビリ難民」という言葉が社会的にクローズアップされました。先進的にリハビリテーション(以下、リハビリ)に取り組んで来た自負のもと、そのあり方を全国に発信(※)します。グループが示した提案が「御所南リハビリテーションクリニック(2013年)」です。急性期病院、大学病院との信頼関係を礎に「通院で回復期リハビリ病棟と同レベルのプログラムを提供する」という新しいコンセプトで存在価値を高めています。2018年には「京都近衛リハビリテーション病院」を開設しました。本院を含む3拠点連携のもと、リハビリや、それを中心とした地域を支える医療・介護体制のあり方を全国に発信し続けています。

    ※2008年、一層京都に根差して全国へ発信するため、大原記念病院グループを“京都”大原記念病院グループへ、大原記念病院を“京都”大原記念病院に名称を変更しました。

    2013(平成25)年
    平野デイサービスセンターへ訪問看護、
    訪問介護、居宅を統合
    「御所南リハビリテーションクリニック」開設
    2017(平成29)年
    「グリーン・ファーム・リハビリテーション®」商標登録
    「国際事業専任アドバイザー」着任
    2018(平成30)年
    「京都近衛リハビリテーション病院」開設
    2020(令和2)年
    京都府・内閣府
    共同補助事業 高齢者共生型まちづくり事業
    「大原健幸の郷」 開設
  • 第五章
    誰もが安心して暮らすことができる社会へ

    誰もが、生涯にわたり自分が望む方法で社会と関わりながら生き続けることができる生涯現役社会に向 け、内閣府、京都府の共同補助事業「大原健幸の郷」がスタートします。リハビリテーション(以下、リハビリ)の経験に基づくプログラムで地域の健康を支え、また交流拠点として地域活性化への貢献を目指します。 京都大原記念病院グループは時代の変化、患者様・ご利用者のニーズの変化と向き合い続け、リハビリを中心にきめ細やかな医療・介護サービスの面展開で安心を提供する総合ケアネットワークを築きました。サービスの原点は「人の心に寄り添い不安を取り除くことにある」との認識のもと、これからも社会の要請に応えつづけます。

    2021(令和3)年
    京都大原記念病院グループ 創立40周年

グループ沿革

1981(昭和56)年
  • 「大原記念病院」開設(74床)
1983(昭和58)年
  • 136床に増床 OPE室(2室)・中央材料室増築
1985(昭和60)年
  • 運動療法(Ⅰ)施設基準承認
1986(昭和61)年
  • 基準看護特Ⅰ類承
1987(昭和62)年
  • 203床に増床
1988(昭和63)年
  • 医療法人社団「行陵会」設立
1989(平成元)年
  • 「鞍馬口診療所」開設
1991(平成3)年
  • 介護老人保健施設「博寿苑」開設(150床)
  • 「大原記念病院」作業療法(Ⅰ)施設基準承認
  • 機関広報誌「行陵」発刊
1992(平成4)年
  • 博寿苑 デイケア開始
  • 「大原記念病院」基準看護特Ⅱ類承認
  • 同院、短期人間ドック実施病院指定(日病)
  • 同院、介護力強化病棟(68床)導入・リハビリ病棟
  • 同院、リハビリテーション総合施設基準承認
  • 「在宅介護支援センター博寿苑」設置
  • 訪問看護ステーション「おおはら」開設
  • 化粧療法導入(博寿苑/同志社大学提携)
1993(平成5)年
  • 「大原記念病院」看護・介護部長 副院長に就任
  • 同院、THP(労働省健康保持増進サービス機関)承認
  • 海外研修制度導入 オーストラリア
1994(平成6)年
  • 育児休業制度導入
  • 2・8夜勤体制導入
  • 博寿苑 日祝デイケア・平日ナイトケア開始
1995(平成7)年
  • 「大原記念病院」救急指定病院
  • 同院、国保人間ドック実施機関承認
  • 同院、超音波骨密度測定開始(出張)
  • 鞍馬口診療所移転新設 鞍馬口デイケア開始
  • 「大原記念病院」完全型療養型病床群(107床)開始
  • 社会福祉法人「行風会」設立
  • 訪問看護ステーション「岩倉」「きよみず」「ときわ」開設
  • 「大原記念病院」3:1看護基準
1996(平成8)年
  • 「北陵診療所 デイケアセンター」開設
  • 「総合サービス相談室」設置
  • 鞍馬口診療所回想法の実施
  • 一般向けに介護講座を開講
  • 三菱商事食事部門業務提携
1997(平成9)年
  • 特別養護老人ホーム「大原ホーム」 (社会福祉法人行風会)開設
    (入所:100床、ショート:20床)
  • 配食事業開始
  • 一般施設見学会・家族交流会開催
  • 高齢者・障害者支援事業「はーと&はあと」スタート
  • 「㈱ケイズハート」設立
1998(平成10)年
  • 24時間365日体制「訪問看護」「総合サービス相談室」
  • ISO9001(国際標準化機構)病院給食で取得
  • 在宅総合事業部発足
  • 訪問看護ステーション「たかの」「はなぞの」(移転による名称変更)誕生
  • 「大原記念病院」療養型病床増床144床(一般病床から転換)
  • 「中立売診療所 デイケアセンター」開設
  • 「こうやま診療所 デイケアセンター」開設
  • 「北陵診療所」「こうやま診療所」訪問診療業務開始
  • 総合情報センター「京都総合ケアステーション」開設
    24時間365日運営
  • 「ヘルパーステーションしもがも」ホームヘルパー事業開始
  • 配食・おむつ宅配事業・住宅改造・福祉機器・周辺用品取扱開始
1999(平成11)年
  • グループホーム「やすらぎの家」開設
  • 寝たきり対応高齢者向け賃貸住宅「大原うぐいすの里」開設
  • 介護情報誌「和音」発刊
  • 在宅ISO9001取得
  • 「朱雀老人デイサービスセンター」(社会福祉法人行風会)開設
2000(平成12)年
  • 在宅部門での「総合請求システム」スタート
  • 「塩小路デイサービスセンター」開設
  • 「大原記念病院」回復期リハビリテーション病棟(2病棟98床)導入
    一般病棟2.5:1看護基準
2001(平成13)年
  • 介護老人保健施設「おおはら雅の郷」開設(150床)
  • グループホーム「あすなろ」開設
  • 「大原在宅診療所」開設
    (「北陵診療所」「こうやま診療所」より訪問診療業務移行集約)
  • 「大原記念病院」回復期リハビリテーション病棟3病棟167床に拡大
    同院、看護部門でのISO9001取得
  • 「(株)はーと&はあとライフサポート」設立
    (三菱商事(株)と合併)
2002(平成14)年
  • ケアハウス「やまびこ」(社会福祉法人行風会)開設(100室)
  • 訪問看護ステーション「すざく」(移転による名称変更)誕生
  • ヘルパーステーション「すざく」「おおはら」開設
  • 「大原記念病院」「地域医療連携室」設置
  • 同院、一般・療養病床区分の再編
    一般34床、2.5:1看護/療養回復期リハ病棟3病棟144床、特殊疾患療養病棟25床
2003(平成15)年
  • 「北陵デイサービスセンター」開設
  • 「塩小路デイサービスセンター」日曜・祝日営業開始
  • 新退職金制度(確定給付企業年金・退職金前払)発足
  • 「(株)ケア・サポート」設立(訪問介護事業)
  • 鞍馬口事業所、東山事業所開設
  • 「大原記念病院」臨床研修病院の指定
2004(平成16)年
  • 「大原記念病院」日本リハビリテーション医学会研修施設認定
  • 同院、日本リウマチ学会教育施設認定
  • 「(株)ケア・サポート堅田事業所」開設
2005(平成17)年
  • 「平野デイサービスセンター」開設
  • 「大原記念病院」回復期リハ病棟の療養環境改善による病棟変更
    一般病棟31床/療養:回復期リハ病棟147床、特殊疾患療養病棟25床
  • 同院、リハビリの屋外歩行訓練場設置
  • 「(株)ケア・サポート」と「(株)ケイズハート」合併
    (訪問介護事業の拡大)
  • 「(株)ケア・サポート事務センター」開設
    (グループ内の介護保険請求・総合請求機能の統合)
2006(平成18)年
  • 大原記念病院グループ 創立25周年
  • 「大原記念病院」回復期リハ充実のためリハビリ室の拡大・拡充
  • 「京都市大原地域包括支援センター」開設
  • 「大原在宅診療所」在宅療養支援診療所の指定
  • 「大原記念病院」回復期リハ病棟172床に再編
  • 有料老人ホーム「ライフピア八瀬大原Ⅰ番館」 (社会福祉法人行風会)開設(60室)
  • 在宅事業所再編により「訪問看護ステーション中立売」、「ケアプランセンターこまち」及び「(株)ケア・サポート紫明事業所」開設
  • 「(株)ケア・サポート北山事業所」開設(労働者派遣事業開始)
2007(平成19)年
  • 「(株)ケア・サポート北山事業所」職業紹介事業開始
  • 「(株)ケア・サポート紫明事業所」特定事業所加算(Ⅲ)所得
  • 「ケアプランセンターこまち」特定事業所加算取得(京都市内初)
  • 大原記念病院訪問リハビリテーション事業所開設
2008(平成20)年
  • グループ名、病院名を京都大原記念病院グループ、京都大原記念病院へ名称変更
  • 京都リハビリテーション研究所脳血管疾患部門設立
  • 「回復期リハビリテーション料Ⅰ」を算定
2009(平成21)年
  • 京都大原記念病院・博寿苑をオール電化
  • 京都大原記念病院看護部門ISO9001 返上
2011(平成23)年
  • 京都大原記念病院グループ 創立30周年
  • 「北陵デイサービスセンター」「居宅介護支援事業所北陵デイサービスセンター」及び「訪問看護ステーション岩倉」を移転し、「上高野デイサービスセンター」「居宅介護支援事業所上高野デイサービスセンターJ 及び「訪問看護ステーション宝ヶ池」を開設
2012(平成24)年
  • 京都大原記念病院「新 回復期リハビリテーション料Ⅰ」を算定
  • 京都大原記念病院にてNEURO(磁気刺激療法十集中リハビリテーション)・ボツリヌス治療・促通反復療法開始
  • ㈱ケア・サポート訪問介護「鞍馬口事業所」を移転し、「上高野事業所」開設。24時間定期巡回・随時対応サービスを開始
2013(平成25)年
  • 有料老人ホーム「ライフピア八瀬大原Ⅰ番館」の運営主体を「社会福祉法人行風会」から「医療法人社団行陵会」に変更
  • 「訪問看護ステーション中立売」「居宅介護支援事業所中立売デイサービスセンター」及び㈱ケア・サポート訪問介護「紫明事業所」を移転し、「訪問看護ステーション平野」「居宅介護支援事業所平野デイサービスセンター」及び㈱ケア・サポート訪問介護「平野事業所」開設
  • 「御所南リハビリテーションクリニック」開設
2014(平成26)年
  • 「地域医療連携室」を「入退院支援室」として新設
    「御所南MMビル」を立ち上げ、あわせて、「㈱ケア・サポート」本店を同ビルへ移転
  • 「京都大原記念病院訪問リハビリテーション事業所」を移転し、「御所南リハビリテーションクリニック訪問リハビリテーション事業所」開設
2015(平成27)年
  • 有料老人ホーム「ライフピア八瀬大原Ⅰ番館」を「住宅型」から「介護付」へ移行
  • 「京都市大原地域包括支援センター」の運営主体を、「医療法人社団行陵会」から「社会福祉法人行風会」に変更
2016(平成28)年
  • 京都大原記念病院グループ35周年
  • 体制強化加算 算定病棟追加 3病棟135床
2017(平成29)年
  • グリーン・ファーム・リハビリテーション®商標登録
  • 国際事業専任アドバイザー着任 中国との関係深化へ
2018(平成30)年
  • 京都近衛リハビリテーション病院 開設
2019(令和元)年
  • 京都大原記念病院『病院機能評価(日本医療機能評価機構実施)』を受審し、認定

グループについてのご質問は
こちらにお問い合わせください。

お問い合わせ