心によりそい、
人をささえる。

新型コロナウイルス対策について

京都大原記念病院グループKyoto Ohara Memorial Hospital Group

リハビリテーションを中心に医療・介護の面展開による
丁寧できめ細やかなサポートで安心を提供します。

グループ一覧をみる

1/1,300想い

患者様・ご利用者の心に寄り添い、
不安を取り除く
職種や立場によらず大切にする
この価値観を胸に 約1,300人のスタッフが描く
それぞれの想いをお届けします

  • 「リハビリテーションのその先へ」児玉 万実|御所南リハビリテーションクリニック 院長

    児玉 万実

  • 「高齢社会に見合う医療を – 創立40周年に思う –」児玉 博行|京都大原記念病院グループ代表

    児玉 博行

  • 「人生の充実感を探す、そのための支援を目指す」垣田清人|京都大原記念病院 院長

    垣田清人

  • 副院長の三橋尚志が、一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会 会長に就任しました!

    三橋尚志

  • 永年勤続!清水紀美子看護職(30周年)、鈴山博司医師(20周年)の想いをインタビューしました!

  • 「医療連携室」の活動から見えてくるもの

  • 看護介護部長に聞く!「人」と「人」として向き合うということ。

  • 身近な物もリハビリ道具に。作業療法のひと工夫を、竹内健二 技師長がご紹介!

    竹内健二

  • 患者様の不安に寄り添って困り事を一緒に解決していきたい

    古田芽育子

1/1,300の想い 一覧へ

時代の流れ ヒトの流れと
向き合い続ける
Kyoto Ohara Memorial Hospital Group

京都大原記念病院グループは
1981年大原に初の医療機関として
「大原記念病院(当時)」
が開設されたことから始まりました。
以来、グループは「時代はどのように変化し、
人は安心のために何を求めるのか」
ということに向き合い続け、
歩みを進めています。

お知らせNews

その他のお知らせNews