ニュース

お正月にむけた作品作り

上高野デイサービスセンターでは、お正月に向けた作品作りを行いました。

 

友禅体験教室では、現役の友禅職人(上高野デイサービスセンター運転業務職員)指導のもとに、年賀状(福笑いと牛の絵柄)を作成しました。富山県の伝統工芸である八尾和紙に、友禅の顔料で染色することで、一枚一枚違った風合いとなります。ご利用者は非常に楽しまれたご様子でした。
 
ものつくりサークルでは、美術系大学の元非常勤講師(上高野デイサービスセンター介護職員)指導のもとに、正月飾り「牛」(粘土細工)を作成しました。粘土を捏ねるところから成形までご利用者に行っていただき、個性豊かな作品が出来あがりました。ご利用者も「これで来年も福がきますね」とにっこり。
 
 

関連記事

2020年6月05日
【第十四報】緊急事態宣言解除後の対応について
2016年5月09日
【ご案内】2階フロアリニューアル!短時間利用専用フロアへ
2020年5月11日
【第十報】  新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う対応状況について