ニュース

特別養護老人ホーム第2渓山荘ぽっぽ 大原ホームを見学

11月24日(木)、特別養護老人ホーム第2渓山荘ぽっぽ(社会福祉法人敬仁会・福井県敦賀市)の施設長様を始め、職員様と家族様を合わせた総勢14名が大原ホームへ見学に来られました。
 
今回の見学会は、第2渓山荘ぽっぽの櫻井施設長と、大原社会福祉協議会顧問の山崎氏とのご縁により実現したもので、同協議会の坂本会長にもご参加頂き、大変有意義な時間となりました。
限られた時間でしたが、大原ホームの看取りや食事についての説明をお聞き頂き、施設内をご見学頂きました。大原三千院の全面的な協力の基で実現した法話会や花祭、自家菜園で採れた野菜を使った食事を利用者様に召し上がって頂く等、地域の連携や特色を活かした取り組みに関心され、熱心に聞いて頂くことができたと感じています。
 
また、家族様からは、「施設内が広くて、明るいので、この雰囲気なら穏やかに過ごせそう。担当職員の顔写真が居室に貼ってあるのも安心」との声や、「他の施設と廊下で繋がっているから孤独感も感じにくいのでは」といった感想等、我々にとって改めて気付く大原ホームの長所も多く、素晴らしい機会となりました。

_MG_1941 _MG_1918

関連記事

2017年3月14日
京都大原記念病院の職員が講師 「リハビリテーションと高齢期の住まいの多様化」について講演
2019年7月01日
【広報誌】和音7月号を発行しました!
2017年11月17日
回復期リハビリテーション【2017.10】 京都大原記念病院 副院長 三橋 尚志が出席した執行部座談会が掲載