ニュース

市内の大学生が、卒業論文制作のためのインタビューに来院

生活科学を学ぶ京都市内の大学生が当院の「 地産地消 」に焦点を当てたインタビューを目的に来院され、この活動の取組当初から、活動の中心となっている管理栄養士屋代朋子さんが対応されました。

 

当院も取得している「たんとおあがり京都府産」認証にも着目し、こちらのインタビューにも先日訪問されたそうです。無事によい形で仕上がるよう、応援したいと思います。

地産地消の取り組みは、現在では自家菜園での農業活動や、グリーン・ファーム・リハビリテーションⓇといった形へ飛躍しています。詳しくはこちらからご覧ください。

関連記事

2018年1月29日
大原学院「車いす体験」 京都市大原地域包括支援センターが協力
2016年11月10日
海産物に文化乗せ運ぶ 往時伝える道標や民俗行事
2019年2月27日
第13回 京都大原記念病院グループ 研究大会を開催!