ニュース

市内の大学生が、卒業論文制作のためのインタビューに来院

生活科学を学ぶ京都市内の大学生が当院の「 地産地消 」に焦点を当てたインタビューを目的に来院され、この活動の取組当初から、活動の中心となっている管理栄養士屋代朋子さんが対応されました。

 

当院も取得している「たんとおあがり京都府産」認証にも着目し、こちらのインタビューにも先日訪問されたそうです。無事によい形で仕上がるよう、応援したいと思います。

地産地消の取り組みは、現在では自家菜園での農業活動や、グリーン・ファーム・リハビリテーションⓇといった形へ飛躍しています。詳しくはこちらからご覧ください。

関連記事

2016年5月13日
プロ指導のもと、夏野菜を定植しました-。
2017年11月30日
映画 “人生フルーツ” 鑑賞会レポート ritorno(リトルノ)冬号に掲載
2017年6月12日
認知症とともに(2) 小中学生サポーターも続々 大原と八瀬で養成講座定着