ニュース

【創立40周年】心によりそい、人をささえる。

1981年7月、当時、無医村だった京都大原の地で、 私たちは一歩を踏みだしました。
それは、必要とする人に、必要としているささえが届くようにと、 意志を貫く道でもありました。
お一人おひとりの人生背景、それぞれの価値観。
私たちはリハビリテーションを核とし、医療・介護・福祉という継ぎ目のない支援を ご提供することで、その人らしい生き方によりそい、ささえていく。
これまで創りだした様々な価値はすべて、 その想いから生まれたものです。
誰もが、生涯にわたり不安なく暮らすことができるように。
誰もが、生涯にわたりご自分らしく輝き続けられるように。
時代の変化に応じた在り方を、これからも。
ふり返ると、いつも想いはここに。
「心によりそい、人をささえる。」
人と人が響きあい、心と心がコダマする。
京都大原記念病院グループは、2021年7月、創立40周年を迎えました。

 

■40周年を機会に、新たなシンボルを制定しました。

人が人をつつみこむ、心によりそう想いを形にした現在のロゴ。これからも変わらない想いを、途切れることのない安心・喜び・希望の輪で包みました。虹色は、まごころこめて多様に働く一人ひとりの職員を意味します。
支えてくださる皆様への感謝を込めて、
こうした想いを様々な形でお届けしてまいります。

関連記事

2016年4月05日
大原でも“さくら”が見ごろを迎えました-。
2017年12月06日
セルフメディケーションの推進~療法士が考える個別的自主トレーニング グループ職員が講師
2017年1月04日
【地産地消の取り組み ~大原野菜の彩おせち~