ニュース

「食べる幸せ」を頂戴しました。

「コロナ禍で頑張っている医療従事者の方に役立ててほしい」と6月17日、滋賀県大津市真野の「鮎家の郷」から京都大原記念病院グループにアユの昆布巻きを寄贈いただきました。

この日、京都大原記念病院を訪れたのは同社の斎藤利成社長ら3人。斎藤社長は「医療従事者に対し、『鮎家としてできることを』と思い立ちました。私どもの商品は天然にこだわり抜いたもので安心です。食べる幸せを味わってください。」と応援のメッセージを添えてくださいました。

迎えた三橋尚志副院長は「会食自粛のため新人の歓迎会もできない中で、スタッフ一同喜ぶと思います」と伝えました。

この度の温かいご支援に感謝申し上げます。ありがとうございました!

(右)鮎家の郷 斎藤利成 社長 (左)三橋尚志 京都大原記念病院 副院長

 

関連記事

2018年2月27日
回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会in岩手 グループ職員が発表
2019年11月01日
大原健幸の郷 ウェブサイトオープン!
2018年3月08日
伊勢ノ海部屋とちゃんこ交流会 力士のパワーで今年も元気に