ニュース

大原野村の四季、紫蘭(シラン)が咲きました-。

ケアハウスやまびこの玄関先に「紫蘭(シラン)」が5月の初めごろより咲き始め、満開を迎えました。

 

日本自生種のランで、読んで字のごとく「紫」色の「蘭」であることがその名の由来です。

どこかはかなげな見た目ですが、ラン科の植物として丈夫さはトップクラスで、古くから庭などで観賞用に植えられ、親しまれてきました。

 

施設のご入居者も「シランが咲いてる。」と、珍しくはないけれど、皆に懐かしい花のようです。

122

121

関連記事

2017年11月17日
回復期リハビリテーション【2017.10】 京都大原記念病院 副院長 三橋 尚志が出席した執行部座談会が掲載
2016年9月09日
手作りピザ体験訓練を開催 療法士とマンツーマンで
2017年6月02日
新緑の大原”つつじ”ウォーク