ニュース

新人研修プログラム 高齢者の気持ちの正しい理解を目指して

19日に開催された新人研修プログラムのテーマは高齢者の気持ちを理解すること。

4月に入職した京都大原記念病院グループのフレッシュな新人職員達が装具を用いて視覚や手足の動きを制限し、屋内外を約30分間歩くなどし、高齢者の日常を疑似体験しました。

IMG_5864(名前消し)

IMG_5877

IMG_5890

関連記事

2018年1月24日
「くも膜下出血の後遺症・リハビリは家族のサポートが重要」 小室哲哉氏の引退会見特集番組で、浦部博志 医師が回答(Abema Primeフリップ出演)
2017年2月15日
リハビリテーション栄養とは
2018年10月02日
【お知らせ】台風24号接近に伴う影響について