ニュース

新人研修プログラム 高齢者の気持ちの正しい理解を目指して

19日に開催された新人研修プログラムのテーマは高齢者の気持ちを理解すること。

4月に入職した京都大原記念病院グループのフレッシュな新人職員達が装具を用いて視覚や手足の動きを制限し、屋内外を約30分間歩くなどし、高齢者の日常を疑似体験しました。

IMG_5864(名前消し)

IMG_5877

IMG_5890

関連記事

2017年12月08日
サバ養殖し味わい復活 鯖街道をまちづくりの起爆剤に
2017年8月17日
グリーン・ファーム・リハビリテーション® 赤紫蘇のゼリー
2017年8月02日
京都府立医大で症例報告会 農作業リハビリで無気力状態を改善