ニュース

「消火マスター」を目指して!

9月6日(火)、京都大原記念病院の若手職員を対象に消防訓練を実施し、訓練用消火器の放射訓練や屋内消火栓の放水訓練、通報訓練に取り組みました。

消防訓練 (2) 消防訓練 (3)

通報訓練では、左京消防署が今年から新たに導入した最新式通報訓練装置を活用した119番通報訓練を実施しました。参加者がモニター画面を見ながら火災や救急事故の状況を適切に通報できるように、「火災」か「救急」、「住所」か「現在地」「目標物」などを適切に通報できるように訓練し、全員が「通報マスター」としての技能を習得しました。

消防訓練 (1)

今回の参加者は万一の火災に備える初期消火方法を習得した「消火マスター」として、京都大原記念病院グループの防火に貢献して行きます!

関連記事

2017年8月21日
京都府看護協会左京地区の施設代表者らが来訪 京都大原記念病院グループ施設を見学
2017年5月01日
第一回料理教室開催しました ”生活習慣病”手軽な健康食
2020年11月06日
【第二十五報】新型コロナウイルス対策について