ニュース

季節のお食事 ~土用の丑~

7月25日、『土用の丑』の昼食に鰻の蒲焼きをお出ししました。
祇園祭のお食事に続き、今回も4軒の農家さんから大原産万願寺とうがらしを調達し、「煮浸し」にしました。

IMG_5010 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鰻はご利用者から大変好評のメニューであることから、嚥下食(噛む力、飲み込む力が低下された方にお出しする食事)を召し上がる方にも『鰻のかば焼き』をお出ししました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

患者様、ご利用者からは、
「今日は鰻が食べられると思っていなかった。うれしい!」
「鰻を食べたから、午後からリハビリをがんばれそうです」
「万願寺とうがらし、柔らかく上手に炊いてあるわね!」 とコメントをいただき、大好評でした。
嚥下食を召し上がった方のご家族からは、
「本人は鰻が好きで、今日はとてもいい表情をして食べていました」 と管理栄養士にお声をかけてくださいました。

関連記事

2017年12月08日
サバ養殖し味わい復活 鯖街道をまちづくりの起爆剤に
2019年8月16日
美食倶楽部「牛肉のステーキ」(八瀬大原Ⅰ番館)
2019年6月01日
【お願い】食中毒予防キャンペーンの実施について