ニュース

第三回料理教室開催しました 糖尿病の予防・改善

8月19日(土)、多世代交流センター(上高野デイサービス2Fフロア)で、栄養・調理などの専門学校大和学園とのコラボレーション企画である「おうちでできる体にやさしい料理教室」の第三弾を開催しました。この料理教室は、地域の皆様により健康的な生活を送って頂くための食にまつわる情報発信を目的に実施しています。
 
今回は『糖尿病の予防・改善』をテーマに、食事や運動だけでなく喫煙やアルコールの摂り方にわたり講義いただき、調理をしました。
 
メニューは、「カレイのスパイシーソテー」、冷やしていただく「茄子とトマトの洋風炒め」、レンジを使った時短料理「南瓜のサラダ」と「冬瓜の味噌汁」でした。

料理教室

出来上がった料理を食べながら、「野菜をたっぷり食べられていいね。」「家族の健康の為に頑張ろう。」と話が弾んでいました。
 
次回、10月21日(土)のテーマは「介護食・嚥下食」です。硬いものが食べにくくなってきた時、軟らかく調理する為の工夫や、「嚥下食」がどんなものかを知って頂く機会にしたいと考えています。

関連記事

2017年5月12日
「認知症」の研究者が来訪 海外からのお客様
2019年5月22日
季節のお食事~令和お祝い膳と葵祭~
2016年9月16日
第50回日本作業療法学会、作業療法士2名が成果を発表!