ニュース

フレッシュな顔ぶれ58名が仲間入りしました!

日本各所で桜の満開宣言が出てきました。いよいよ春本番を迎えようとしています。

京都大原記念病院グループにも今年、新たに58名(看護師・セラピスト・介護福祉士)の仲間が加わりました。初日は入社式に続き、各種制度の説明や、メンタルヘルスをテーマとする研修にと慌ただしく一日を過ごしました。

 集中して講義に臨む

新入職員は本日をもって、学生から社会人へと大きく環境が変わりします。入職前からの全体研修は、医療・介護人である前に「社会人であるという意識付け」そして他職種合同の研修を通じた「仲間づくり」これらを大切にしています。

初日の研修では、社会人としてのコミュニケーションの取り方やストレスとの付き合い方(≒対処法)をテーマに、外部講師を招いた講座や、先輩職員を交えたグループワークを通じて学びました。

他職種で話し合い

グループワーク発表

来週からはいよいよ現場研修も本格始動します。困った時には先輩や、同期の仲間とも助け合いながら、それぞれ個性を発揮して取り組みます。皆さま、暖かく彼らを見守っていただきますよう、よろしくお願いいたします。

関連記事

2017年10月26日
大原学院5年生とハイキング 京都大原記念病院グループ職員が同行
2016年11月01日
【新着情報更新!】通所リハビリ、デイサービス等の取り組みを紹介しています!
2018年8月24日
日本赤十字社による大原地域の献血