ニュース

名札を、フルネームから「名字だけ」の表記に変更します。

京都大原記念病院グループは、患者様、ご利用者、ご家族の信頼や期待に応えることで、より満足度の高い医療・介護サービスの提供に努めて参りました。いただいたご指摘やご意見は全てに目を通し、常に改善を模索しています。

しかし近年、一部の常識を超えた要求や、職員を名指しで人格否定する言動、またこれらをインターネット(SNS含む)へ投稿する行為などが散見されるようになりました。これらは職場環境だけでなく、患者様、ご利用者、ご家族の療養環境等の悪化を招く行為であるものと認識し、同時に、当グループはこのような行為から職員の安全を守る義務を果たすために毅然と対応して参ります。その配慮すべき取り組みの一つとして、この度、名札をフルネームから名字だけの表記へと変更し、必要以上に職員個人が特定されて不利益を被る可能性を低減いたします。なお、既にグループ各施設では許可のない写真・動画などの撮影を禁止しております。

安心してご満足していただける医療・介護サービスは、医療者と介護者、そして患者様、ご利用者、ご家族の相互の信頼関係によって成り立つと信じています。今後もその姿勢に変わりはありません。職員一同、ご期待に沿えるよう一層真摯に取り組んで参りますので、ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

関連記事

2016年5月18日
ボトックス®療法勉強会を開催しました。
2021年8月26日
広報誌orinas vol. 3「心によりそい、人をささえて40年。グループ創立40周年記念号」
2020年7月06日
【第十七報】緊急事態宣言解除後の対応について