ニュース

「運動ってどないなん」すこやか学級で、勉強会を開催

2月18日(土)大原地域社会福祉協議会主催の大原健康すこやか学級で、

「運動ってどないなん」というテーマで、居宅支援事業所博寿苑の土井博文さん(介護支援専門員・理学療法士)に勉強会を開催してもらいました。

IMG_0446

ロコモティブシンドロームについても、認知症についても結果的には、「身体を動かす機会を作りましょう」「運動をしましょう」と勧められますが、それがなぜなのか?理論的にお話をいただきました。

 

勉強会の中では、「身体を作り変えるための栄養を摂らないと、質のいいからだがつくられない」「運動をしないと、『働かなくていいのや』と勘違いして、全体はもちろん、普段使わない部分の筋肉や骨などが顕著に弱っていく」「脳は、毎日情報を更新しているので、運動を普段からしていないと、運動機能との連携がズレていき、ふとした拍子につまずいて転倒してしまう」など、分かりやすく説明してくれました。

 

今年度、久多・上高野・八瀬につづいて大原で4学区目の開催になりますが、他の地区でも開催していきたいと考えています。

 

ご要望があれば出張講座開催致します。ご連絡下さい!

連絡先:高齢サポート・大原 担当:塚田 聡 ☎075-744-4055

関連記事

2018年2月20日
季節ごとに提供、好評博す グループ管理栄養士が京料理風嚥下食を紹介
2017年11月13日
ハンカチの赤紫蘇染め体験訓練を開催 療法士とマンツーマンで
2016年6月30日
大原地域包括支援センター主催 地域ケア会議「認知症の人を地域でどう支えるか」