ニュース

広報誌orinas vol.2 「医療連携室の活動から見えてくるもの」

京都大原記念病院グループの「広報誌orinas(オリナス)」vol.2を発行しました。

京都大原記念病院グループでは、リハビリテーション病院を中心に、医療・介護サービスのネットワークの面展開で、丁寧できめ細やかなサービスの提供に努めています。そのなかで、患者様を中心に様々な人をつなぐ役割を担う「医療連携室」の活動を通じて見えてくるものを、室長の三橋尚志医師と、副室長の児玉直俊医師に聞きしました。

関連記事

2017年12月12日
リハビリテーション公開講座in京都大原 開催しました(4)
2016年11月10日
海産物に文化乗せ運ぶ 往時伝える道標や民俗行事
2017年3月10日
大根炊き 体がポカポカ、幸せ気分