京都大原リクルートブログ

2020/09/30

無経験・無資格からの挑戦!介護マネジメントについて考える

介護職

深井ヘッダ画像

経営ビジョンに心動かされ、介護の世界への挑戦を決意

外国語大学出身の私は、海外留学を通して人とのコミュニケーションの奥深さや新しいことを知る、挑戦する楽しさを学びました。

さらに将来を方向付けた出来事は祖父の入院。何もしてあげられなかったことが悔しく、留学から帰国後、病院の看護助手のアルバイトを経験しました。

患者さんのお世話をするなか「介護分野で自分の得意分野を活かせられないか」と考えるように。当社の『日本の次世代の介護を創る』経営ビジョンに心動かされ、介護の世界への挑戦を決意しました。

事業マネジメントへの第一歩

入社後、複数施設で介護リーダー、介護副主任や相談員のジョブローテーションを経て、現在は特別養護老人ホームの事務職として働いています。

仕事内容は事業経営、職員や設備の管理が主になります。なんて言っていますが、今はどの分野も勉強の真っ最中。自己学習はもちろん、部署や職種に関係なく、多くの職員からたくさんの事を学ばせて頂きながら事業マネジメントができる事務職員を目指しています。

直接介助にあたることはなくなりましたが、介護現場で培った知識を糧に、スタッフには働きやすく、利用者様には安心して生活できる環境づくりに励んでいます。

グループでキャリアデザイン

専門知識を持たずに飛び込んだ介護の世界ですが、当グループの介護教育プログラムや参加させてもらった多くの外部研修、そして全面的にフォローアップしてくれる職員のお陰で介護職を経て、入職時からの目標であった事業経営に携わる事が出来ています。色々な施設やポジションを経験したからこそ見えるものや、職員と理解し合えることがあります。

当グループが展開する多彩な事業から介護職のエキスパート、介護サービスと利用者様のサービス調整役であるケアマネージャーや相談員、経営に関わる事務職等、たくさんのポジションに挑戦できる魅力あふれる成長の場と知っていただきたいですね。

 

関連記事