大原在宅診療所 ブログ

雑誌「看護のチカラ」に掲載されました!

京都大原記念病院グループの桑田克也医師が参加した座談会の様子が、雑誌「看護のチカラ」に掲載されました。

 

可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう構築が推し進められる「地域包括ケアシステム」における在宅医療の実情や、鍵となる「訪問看護師」の役割と今後の期待がテーマとなりました。

 

訪問看護ステーション虹 西尾希美重 看護師

介護老人保健施設ケア・スポット梅津 山田裕喜男 事務長

大原在宅診療所 桑田克也 医師が顔を合わせ、

それぞれの日々の実情を織り交ぜながら様々な意見を交わしました。

 

掲載誌はこちら、もしくは写真をクリックしていただくとご覧いただけます(PDFデータ)ので、ご興味がございましたら、ぜひご覧ください。

※座談会は2018年10月に京都市内の会場で実施されました。

関連記事

2018年12月19日
自宅での看取り。家族を看取るために必要なことやできることは?
2019年3月12日
ケアマネジャーとは?役割について
2018年12月27日
訪問診療(往診)を受けるには条件がある?内容や流れをご紹介