ニュース

季節のお食事 ~祇園祭と土用の丑~

7月は上旬の大雨のあとは晴天が続いています。

連日「猛暑」「酷暑」といわれる気温の中、日本三大祭のひとつにも数えられる京都の祇園祭の「山鉾巡行」が17日に行われました。
また、20日は「土用の丑」で、それぞれの日にちなんだ行事食をお出ししました。

 

祇園祭には『鱧』をお吸い物にして、土用の丑の日には『うなぎ』を蒲焼にしてお出ししました。
両日ともに大原産の今が旬『万願寺トウガラシ』を炊いてお膳に華を添えました。

 

土用の丑の『うなぎの蒲焼』は嚥下食の方にもお出しできるよう、ムース上でお味も鰻にそっくりな料理に仕上げました。

 

 

大原の夏野菜はこれから最盛期を迎えます。
大原産の万願寺とうがらしは、当グループの夏の定番野菜として様々な料理にしてお出ししています。
今年は大雨の影響で畑が水浸しになったりと心配しましたが、複数の農家さんから調達していただき皆様にお出ししています。

関連記事

2017年5月01日
おいしいものめぐり 海鮮親子ちらしずし
2016年11月10日
海産物に文化乗せ運ぶ 往時伝える道標や民俗行事
2017年3月15日
理学療法ジャーナル3月号(発刊:医学書院) 京都大原記念病院グループの理学療法士の依頼原稿論文が掲載!!