ニュース

千円札が一万円に 大原ホームで手品ショー

大原ホーム老人デイサービスセンターでは、心から笑い、楽しんでいただくことを目的に、外食レクや物作り、季節に応じた慰問の開催など、月に約15回のイベントを企画しています。今回はその中でもマジックショーを紹介させていただきます。
 
10月2日(火)に京都健康マジックの皆様を招き、マジックショーを披露しました。メンバーの皆様は健康促進と笑いを提供するため、福祉施設や小学校、地域のお祭り、クリスマスイベントなど幅広くボランティア活動をされています。


トップバッターは赤いシャツに白いズボン、おしゃれな帽子をかぶったマックさんの登場です。「僕はマクドナルドが好きなんですよ~」と軽快なお話で、皆様を引き込みます。すると何もないところからばさばさと羽ばたく鳩が出てきました!よく見ると、その鳩にはスイッチが。「この鳩は餌がいりません!」と言って笑いを誘います。ご利用者もマジックに参加し、驚きの声をあげて手を叩き、とても不思議な現象に目を丸くしながら楽しんでおられました。
 
中でも一番不思議だったのは千円札マジック。呪文を唱えると、千円札が一万円札に!利用者の皆様だけでなく職員も「私の千円渡すから一万円にして!」と大きな歓声と笑顔が見られました。マジックを見て健康になろうという趣旨で披露しています!というはじめのお話の通り、心から笑い、健康になれた一日でした。

関連記事

2016年5月17日
大原野村の四季、紫蘭(シラン)が咲きました-。
2017年12月29日
12月23日(土)はノイエの日(※自称)クリスマスコンサートを開催しました!(2)
2017年7月04日
京都大原記念病院グループオリジナル商品を発売