ニュース

季節のお食事~夏越の祓~(八瀬大原Ⅰ番館)

6月30日は、半年の身の穢れを清め、残り半年の無病息災を祈願する『夏越の祓(なごしのはらえ)』という神事が行われます。この日の昼食は、季節のお食事をご用意しました。


また、京都では厄落としの意味を込めて「水無月」を食べる習慣があり、デザートとしてお出ししました。「もう水無月を食べる時期になったのね」「ここで食べる事が出来てうれしいわ」とのお声をいただきました。

関連記事

2016年10月17日
【送迎バス】時代祭の影響によるシャトルバス遅延について
2017年2月23日
回復期リハビリテーション病棟協会主催 第29回研究大会に参加しました
2018年9月18日
ドクター登場!桑田克也医師 ヒトの「 健康 」について感じたこと